坂本龍馬と薩摩 茨城県在住 鹿児島県人会

坂本龍馬と薩摩 茨城県在住 鹿児島県人会

鹿児島県人会

 慶応2年
 京都の寺田屋騒動で怪我をした龍馬は、その傷を癒すため
 および幕府や新撰組から身を守ることを目的として
 大阪から薩摩藩の船に乗り、薩摩へ向かった。

 龍馬とお龍は、慶応2年(1866年)の3月上旬〜4月中旬にかけて
 薩摩に滞在し、塩浸温泉・日向山温泉・霧島などを訪ねている。
 これが、日本で最初の新婚旅行と言われている。

 所在地:霧島市牧園町宿窪田3606
 施設名:塩浸温泉龍馬公園

 茨城県在住 鹿児島県人会
 坂本龍馬と薩摩
 16回・鹿児島県人会 その1
 16回・鹿児島県人会 その2
 15回・鹿児島県人会 その1
 15回・鹿児島県人会 その2
 14回・鹿児島県人会
 牛久・鹿児島県人会・花見
 牛久・鹿児島県人会・旅行
 会員のトピックス−1
 会員のトピックス−2
 会員のトピックス−3
 役員名簿
 会則
 お問合せ